スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です





バックナンバー・定期購読のご案内
連載一覧


紙版・電子版
富士山マガジンサービス

メディカルオンライン

特集頁例
msm182.pdf

Sportsmedicine No.182, 2016
月刊スポーツメディスン 7・8月合併号 通巻182号

A4変型判 52頁 中綴じ 定価1,000円(+税)
年間購読料10,000円(税込み、800円割引)

Jul-Aug Special
特集
運動分析の視点-1
──座位と立位での側方移動動作

座位での側方移動はリハビリテーションの現場ではよく行われているものである。その動きを観察、患者さんの状態を把握することは多くの有用な情報をもたらす。今月の特集では、動作分析の視点と題し、まずはこの座位での側方移動をテーマに論じていただき、その後、立位での側方移動について述べていただく。座位と立位では何がどう異なるか。さらに、今回の特集のリーダーを務めていただいた鈴木俊明先生を中心に関連各氏によるこのテーマでの座談会も行った。運動分析の妥当性とその有意義な活用のため参考にしていただければ幸いである。


1. 座位側方移動開始時の股関節周囲筋と内腹斜筋の働きについて
―― COPの変位と脊柱・骨盤の動きとともに
渡邊裕文・六地蔵総合病院 リハビリテーション科 部長、理学療法士
池田幸司・鉢嶺医院 リハビリテーション科 科長、理学療法士、保健医療学修士
西谷源基・六地蔵総合病院 リハビリテーション科、理学療法士、関西医療大学大学院

2. 立位での側方移動について
野口翔平・楠葉病院 リハビリテーション科 理学療法士、関西医療大学大学院
清水貴史・楠葉病院 リハビリテーション科 理学療法士

3. 座談会:座位と立位での側方移動を解明する

司会進行:鈴木俊明先生・関西医療大学大学院 研究副科長 教授

■座談会参加者: 渡邊裕文・六地蔵総合病院 リハビリテーション科 部長
池田幸司・鉢嶺医院 リハビリテーション科 科長
西谷源基・六地蔵総合病院 リハビリテーション科、関西医療大学大学院
野口翔平・楠葉病院 リハビリテーション科、関西医療大学大学院
清水貴史・楠葉病院 リハビリテーション科
玉置昌孝・楠葉病院 リハビリテーション科 課長


企画協力:関西医療大学大学院 鈴木研究室
     研究室紹介+関連セミナー



Sports & Law
連載 基礎から学ぶ「スポーツと法」75
スポーツと音楽著作権
八木由里 スポーツ法政策研究会、八木法律事務所、弁護士


Basic Corrective Exercise
連載 ベーシック・コレクティブエクササイズ~正しいムーブメントの法則を知ろう!~ 8
ハードルステップのコレクティブエクササイズ 倉持梨恵子
室伏由佳


Publicity
ホグレル ユーザーレポート⑤

トレーナーの知識や技術が生かせる場を創出
それが地域や社会への貢献につながる
ホグレル フィットネス(広島県尾道市)をたずねて



Coaching Essay
新連載 コーチング・エッセイ「わけありゼミな訳」
教育者とコーチング

青柳 徹
日本体育大学准教授スケート部部長、(公財)日本スケート連盟強化コーチ

Trainer’s Message from USA
連載 アメリカのスポーツメディスン現場からのメッセージ 9
MLBにおける選手のリカバリー・コンディショニングの現状(1)
──睡眠・給水・食事
阿部正道

Contribution
寄稿 オーストラリアの理学療法の現場から
慢性痛に対するオーストラリアのペインマネジメント
  江戸英明

Sports and Medicine
連載 スポーツと医療の現場から考える 54

大学野球継続まで見据えた学童野球の指導を!
河崎賢三

Essay on the Picture
連載 私の“一枚の絵” 53
ボルダリング
苦節2年5カ月 ついにルーフを登る
飛松好子


Thoughts on Sports
連載 門外漢スポーツ雑談(ぞうたん) 22
文化の祭典オリンピック/東京大会の〈芸術展示〉
  今泉隆裕


MSM 掲示板
こぼれ話
編集をおえて

Event