スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です




バックナンバー・定期購読のご案内
連載一覧

DVD版 月刊スポーツメディスン
特集パック

紙版・電子版
富士山マガジンサービス




Sportsmedicine No.163, 2014
月刊スポーツメディスン 2014年8月号 通巻163号

A4変型判 52頁 中綴じ 定価1,000円(+税)
年間購読料10,000円(税込み、800円割引)


August Special
■特集 子どものスポーツ障害 大人の責任
──障害予防と指導、その体制づくり

子どものスポーツ障害が各方面で問題になり久しい。野球検診など全国的に行われるようになってきたが、スポーツ全体で子どものスポーツ指導のあり方について、そろそろ本格的に議論し、どの国にもお手本となるシステムをつくる時代がきたのではないか。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、このテーマに取り組んでみることにした。計7氏に取材。幅広くかつ示唆に富んだ内容になった。平成28年度から運動器の学校検診も施行される。それについても取材した。

1 中学生のメディカルチェック
──鴨川市における医療機関と学校の連携モデル
大内 洋・医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 スポーツ医科学センター スポーツ医学科部長

2 野球選手の育成と野球障害予防の両立を目指して
――ジュニア期は「楽しい野球」「全力投球なし」「指導のない素振りなし」「力に頼らないスキルアップ中心」
馬見塚尚孝・筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 整形外科講師
金堀哲也・筑波大学体育系博士特別研究員、博士(コーチング学)

3 学校スポーツにおける指導者のトレーナー的知識普及の必要性
──部活動指導者、養護教諭、体育教員、教員志望者へのアプローチ
山本利春・国際武道大学体育学部教授 日本アスレティックトレーニング学会 代表理事

4 子どものバスケットボールにおける傷害予防
──トップレベル選手とトレーナーが指導
津田清美・一般社団法人 トレジャーリング副理事、元バスケットボール女子日本代表トレーナー

5 ジュニア水泳選手のセルフメンテナンス
小沢邦彦・リフレッシュ指圧センター院長

●トピック
学校における運動器検診について
──学校保健安全法施行規則を一部改正する省令公布
武藤芳照・日体大総合研究所所長 日本体育大学保健医療学部教授

特集頁例 msm163.pdf

Report from Europe
連載 After 2012 オリンピック・パラリンピックから見える風景 12
ヨーロッパのスポーツ戦略
──国際競技団体のスポーツ戦略 II
久木留 毅

Functional Rehabilitation for Throwing Injury
連載 機能からみた投球障害のリハビリテーション 3
投球障害共通の機能不全について、その改善方法の実際
坂田 淳・横浜市スポーツ医科学センター リハビリテーション科、理学療法士

Forum Report
新連載 第12回股関節市民フォーラム 報告
  特別講演
変形性股関節症と運動 前編
松原正明・公益財団法人日産厚生会玉川病院 股関節センター長

Thoughts on Sports
連載 門外漢スポーツ雑談(ぞうたん) 3
健全なる身体に健全なる精神が宿る? ユウェナーリスの真意
今泉隆裕・桐蔭横浜大学准教授

Sports & Law
基礎から学ぶ「スポーツと法」 57
スポーツと差別
―― 浦和レッズ横断幕事件を考える
白井久明・スポーツ法政策研究会、京橋法律事務所、弁護士

5th Annual Meeting of JADMS
連載 第5 回日本ダンス医科学研究会報告 3
シンポジウム
「現場から考えるダンス医科学の需要」
吉田康行・お茶の水女子大学 日本ダンス医科学研究会 監事

Pilates
ピラティス・メソッドの可能性 6
スタビリティを高めるためのピラティス・メソッド
坂元大海

Meridian Stretch
「経絡ストレッチ」――身体の異常判断と修正が容易にできる 76
経絡ストレッチで症状を改善しよう 44
ランナーに起こりやすい傷害への対応(26)
──上前腸骨棘部の痛み
朝日山一男

Physical Essay
からだのエッセイ「身体の森」43

山田ゆかり

その他