スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です





現在、ご購入予約を受け付けております。上記の「カゴへ」をクリックしていただき、購入手続きをお済ませください。お支払いは書籍をお送りする際に同封いたします郵便振替用紙でのお支払い、またはクレジットカード決済となります。
2018年1月31日より、購入申し込みをいただいた順に発送を予定しております。

書店での検索






(下は原著、amazonへのリンクとなっております)
Essentials of
Strength Training and Conditioning
4th edtion


・こちらの雑誌および書籍もぜひご覧ください。

月刊トレーニング・ジャーナル2017年4月号 特集/トレーニング負荷の設定


NSCA決定版
ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

Essentials of Strength Training and Conditioning 4th edition


編:G. Gregory Haff, N. Travis Triplett
総監修:篠田邦彦
監修:岡田純一

ストレングス&コンディショニングの専門職が知っておくべき事項が一冊に。トレーニング指導を行う際の具体的な方法から、プログラムデザインの実際、注意点や、それらの下支えとなる解剖やバイオメカニクス、生理学、内分泌学、心理学など、幅広い分野の知見がまとまった書籍である。

B5判、約800頁、定価 12,000円+税
ISBN 978-4909011-07-7、2018年1月30日発売予定

本書の特徴
・トレーニング指導の基礎となる知識体系
・エクササイズ種目の詳細な解説
・チェーンやバンド、ケトルベル、ストロングマン種目も
・高強度インターバルトレーニングなどに言及
・栄養や生化学、バイオメカニクスについても言及

目次
第1章 身体の構造と機能
第2章 レジスタンスエクササイズのバイオメカニクス
第3章 運動とトレーニングの生体エネルギー論
第4章 レジスタンスエクササイズに対する内分泌系の応答
第5章 無酸素性トレーニングプログラムへの適応
第6章 有酸素性持久力トレーニングプログラムに対する適応
第7章 年齢差・性差とレジスタンスエクササイズへの影響
第8章 競技への準備とパフォーマンスの心理学
第9章 健康における基本的な栄養学的要因
第10章 パフォーマンスを最大化するための栄養戦略
第11章 パフォーマンスを増強させる物質と方法
第12章 テストの選択と実施の原則
第13章 選択したテストの実施、スコアの記録、解釈
第14章 ウォームアップと柔軟性トレーニング
第15章 フリーウェイトおよびマシーントレーニングのためのエクササイズテクニック
第16章 代替的様式および非伝統的用具のためのエクササイズテクニック
第17章 レジスタンストレーニングのためのプログラムデザイン
第18章 プライオメトリックトレーニングのためのプログラムデザインとテクニック
第19章 スピードおよびアジリティトレーニングのためのプログラムデザインとテクニック
第20章 有酸素性持久力トレーニングのためのプログラムデザインとテクニック
第21章 ピリオダイゼーション
第22章 リハビリテーションとリコンディショニング
第23章 施設のデザイン、レイアウト、組織化
第24章 施設のポリシー、手順、法的問題


サンプルページ(第1章から第4章、抜粋) estc4_sample01.pdf
サンプルページ(第5章から第8章、抜粋) estc4_sample02.pdf
サンプルページ(第9章から第12章、抜粋) estc4_sample03.pdf
サンプルページ(第13章から第16章、抜粋) estc4_sample04.pdf
サンプルページ(第17章から第20章、抜粋) estc4_sample05.pdf
サンプルページ(第21章から第24章、抜粋) estc4_sample06.pdf


よくいただくご質問

Q 第3版と比べて、第4版はどのような違いがありますか。改訂のポイントはどのようなものですか?
A 第3版と比較して、新しい情報が盛り込まれているのが特徴です。HIIT(高強度インターバルトレーニング)については、エクササイズの紹介だけでなく、生理学などの基礎的な部分でも折りに触れ取り上げられています。新設された章の中では、第16章に特徴があります。チェーンやゴムバンドをウェイトトレーニングの際に付加して行う方法や、ケトルベル、ストロングマン種目(タイヤフリップやログリフトなど)が紹介されています。項目としては第3版からの継続ですが、スピードおよびアジリティトレーニングについては内容が新しくなり、また有酸素性エクササイズの紹介も充実しました。栄養学やサプリメント、薬学、生化学の分野でも、新しい研究成果が盛り込まれています。

Q 第3版と比べて、第4版のページ数に増減はありますか?
全体で約800ページとなり、第3版から70ページほど増えました。


読者からの声