スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です




バックナンバー・定期購読のご案内


DVD版 月刊スポーツメディスン
特集パック

富士山マガジンサービス




Sportsmedicine No.159, 2014
月刊スポーツメディスン 2014年4月号 通巻159号

A4変型判 52頁 中綴じ 定価1,000円(+税)
年間購読料10,000円(税込み、800円割引)


Feb Special
■特集 腸腰筋を診る
──腰、股関節、下肢の痛みとの関連で

腸腰筋の存在は誰でも知っているが、臨床上の位置づけとなると、多くの記述はないようだ。腰痛や股関節痛、あるいは膝痛に対しても、腸腰筋へのアプローチが効果があるということを丹羽滋郎先生、太田邦昭先生がその臨床を通じて経験、検証されている。そんなことで効果があるかと疑う人もいるだろうが、2人の先生のアプローチとその考え方は非常に興味深い。事実、痛みが劇的に消失した例が多い。太田先生の「姿勢改善体操」は誰でもできる簡単な体操。ぜひ、試していただきたい。

1 腸腰筋症候群(仮称)の姿勢矯正体操による改善
太田邦昭・太田整形外科

2 腸腰筋への着目と臨床を通じた経験から
丹羽滋郎・愛知医科大学名誉教授


特集頁例 msm159.pdf


Topic Scanning
新しい流れを読む
腰痛とは何か?
―― 第10回神楽坂スポーツ医学セミナーより

Invitation to Paralympic Games
新連載 パラリンピックを100倍楽しむために
ソチから、東京へ 
河合純一・一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 会長 

Report from Europe
連載 After 2012 オリンピック・パラリンピックから見える風景 8
ヨーロッパのスポーツ戦略
――地域密着型のスポーツ
久木留 毅

Pilates Method for All
連載 ピラティス・メソッドの可能性 2
呼吸と姿勢
坂元大海・日本ピラティス指導者協会代表理事、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、アークメディカルジャパン株式会社代表取締役

Sports & Law
基礎から学ぶ「スポーツと法」
スポーツ界における「いじめ」について
片岡理恵子・スポーツ法政策研究会、京橋法律事務所、弁護士

The Muscle Again
筋肉再発見 5
筋持久力:トレーニングとディ・トレーニング 
宮下充正

The Discussion
連載 座談会 野球の指導用語を吟味する:「開く」編 最終回
投球動作の「タイミング」を考える
秋吉直樹・医療法人社団淳英会おゆみの整形外科クリニック、理学療法士
菊池貴之・広瀬医院、理学療法士、Total Conditioning Support System STEP代表
久保田正一・くろだ整形クリニック、Baseball-Station 代表、理学療法士
名塚健史・埼玉医科大学かわごえクリニック、理学療法士
前田 健・BCS Baseball Performance代表、元阪神タイガーストレーニングコーチ

Sports and Medicine
連載 スポーツと医療の現場から考える 35
医療における2025年、2035年問題
―― トレーナーが生き残るための提言
河崎賢三

Meridian Stretch
「経絡ストレッチ」──身体の異常判断と修正が容易にできる
経絡ストレッチで症状を改善しよう 40
──ランナーに起こりやすい傷害への対応(22)
──内転筋および内転筋付着部痛
朝日山一男

Physical Essay
からだのエッセイ「身体の森」
代表
山田ゆかり


その他
Event
Books