スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です

(表紙は変更となる場合があります)

(販売準備中です)

書店での検索


(下は原著へのリンクとなっております)
Kinetic Control, by Mark Comerford and Sarah Mottram. Churchill Livingstone Australia



書籍サンプル

キネティック
コントロール

制御されていない動きのマネジメント

Kinetic Control
The management of Uncontrolled Movement

著:Mark Comerford、Sarah Mottram
翻訳:佐藤晃一・日本バスケットボール協会スポーツパフォーマンス部会長


B5判、__頁
定価 12000円+税
ISBN 978-4-909011-00-8
2017年3月31日発売予定

動作不良や痛みの発生する要素に、著者らは「制御されていない動き」(UCM, Uncontrolled Movement)の存在を挙げている。本書では、この制御されていない動きがどのように起こるのか、「部位と方向」で整理・解説する。そして見つけるためのテストや、再トレーニング方法を脊椎から骨盤、肩甲帯、股関節に至るまで丁寧に紹介していく。


本書の特徴
・動作不良の起こる仕組みを解説
・筋機能についての考え方を再構築
・「制御されていない動き」(UCM)について詳説
・UCMの部位と方向をテスト
・特異的な再トレーニング方法を提示
・写真を用いた動きの紹介と評価フォーマット


目次

序文・前書き・謝辞

第1部
1 制御されていない動き
2 筋の機能と生理学
3 制御されていない動きの評価と分類
4 制御されていない動きのための再トレーニングストラテジー

第2部
5 腰椎骨盤帯領域
6 頸椎
7 胸椎
8 肩甲帯
9 股関節

目次については、今後変更になる可能性があります。