スポーツにはいつも発見がある
現場に活きる知識と経験を伝えたい
わたしたちはスポーツ医科学専門出版社です




連載一覧
定期購読・バックナンバーのご案内


デジタル版・電子版
富士山マガジンサービス
Digital e-hon
メディカルオンライン
amazonで検索
Kindleストアで検索

バックナンバー
2014年 2013年 
2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年
Training Journal  2015年8月号
2015年7月10日発売 定価700円+税
◇B5判 98頁 無線綴じ 本文12級横組


August Special
特集/「なぜ?」から考える運動部活動


部活動には長所もあれば課題もある。4氏に問いを投げかけ、長所を伸ばし課題を解決するヒントをいただいた。中澤氏は日本特有の部活動を振り返り、より望ましいあり方を探ってくださった。谷口氏には米国における部活動の特徴を紹介してもらった。中村氏にはトレーナーの存在に意味をもたらす「省察」をご提示いただいた。そして石川氏には留学生を交じえたチームづくりの極意をうかがった。


1 なぜスポーツは学校教育に結び付けられるのか
── 部活動を疑ってみるきっかけとして
中澤篤史・一橋大学大学院社会学研究科准教授

2 米国では、どのように運動部活動が行われているのか
谷口輝世子・スポーツライター

3 部活動におけるケガを減らすことはできるのか?
中村浩也・プール学院大学教育学部教授・博士(教育学)・日本体育協会公認アスレティックトレーナー

4 互いを尊重し、家族になる
── 部活動を通した国際交流がなぜ可能なのか

石川淳一・八王子学園八王子高等学校男子バスケットボール部監督

連載

Special Report
育成年代の選手との関わりの中で思うこと
並木磨去光・株式会社ナズー代表取締役


臨床スポーツ鍼灸研究会──14
投球による肩関節障害 2
吉田行宏・明治国際医療大学保健・老年鍼灸学講座助教


傷害調査でわかること──7
調査結果をどのようにまとめ、伝えるか
砂川憲彦・帝京平成大学准教授


新連載 型とは何か
自転車に乗ることと型の意味
竹林篤実・コミュニケーション研究所、理系ライターズ・チームパスカル


身体言葉(からだことば)に学ぶ知恵──69
聞き耳を立てる
辻田浩志・腰痛館代表


スポーツ医科学トピックス──59
肥え続けるダイエット情報(2)
川田茂雄・帝京大学医療技術学部講師、早稲田大学スポーツ科学未来研究所招聘研究員


メールで語る井戸端会議——子育てと仕事──89
伝え方の難しさ
桜井(寅嶋)静香・北海道教育大学特任准教授
伊藤句里子・東京有明医療大学非常勤講師、アスレティックトレーナー





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ある一日/学校で学んだことを現場で使う
ON THE SPOT /現場から
資格取得関連講習会
話題の新刊/尾原陽介



TJ FORUM
TJNN:Training Journal News Network
SEMINAR CALENDAR/セミナー案内
FROM EDITORS/編集室から
定期購読のご案内